「おいしい」を、
すべての人に。

検索

topページ絞り込み結果

創業天保3年の鰻処。長い歴史は伊達じゃない。@西麻布いちのや

2022年8月2日 | からmitomi | No Comments | ファイル: 未分類.

西麻布の交差点近くにある鰻店『西麻布いちのや』へ。 本店を埼玉県の川越に構え、神泉とここ西麻布に支店を構えております。本店の創業は天保3年、西暦でええば1832年にまで時を遡ります。西麻布の一等地にございますが、シックな • もっと読む »

これは大衆鰻の決定版だ!!@うなぎ 丸富

2022年6月23日 | からmitomi | No Comments | ファイル: 未分類.

寿司と同様に江戸の食文化の中では、ファストフード的なポジションだった鰻。昨今では、漁獲量の減少に伴う価格高騰で、すっかり敷居の高い料理ジャンルの1つになっております。ただ、寿司に回転寿司や立ち食い寿司があるように、鰻も大 • もっと読む »

酒と鰻串、〆の鰻重。@しらゆき

2022年6月1日 | からmitomi | No Comments | ファイル: 未分類.

八丁堀エリアにある鰻屋『しらゆき』へ。 創業は2011年だが、池袋の老舗鰻屋で20年近くも腕を磨いたそう。満を辞して独立したお店は、お酒の匂いがぷんぷんする。店頭には赤提灯がぶら下がり、日本酒や焼酎の空き瓶も並ぶ。店内に • もっと読む »

西麻布のうなぎ店@うなぎ徳 西麻布店

2021年12月28日 | からmitomi | No Comments | ファイル: 未分類.

西麻布のうなぎ店『うなぎ徳』へ。 鰻処である静岡を含めて全国に店舗展開を行なっている鰻グループ。東京では渋谷ヒカリエや銀座の東急プラザなど、商業施設への展開に積極的なようです。ここ西麻布店は路面店であり、雰囲気のある造り • もっと読む »

ドジョウ、ナマズ、ウナギ、、、川魚オールスターズ揃い踏み!@どぜう飯田屋

2021年11月26日 | からmitomi | No Comments | ファイル: 未分類.

創業は江戸末期、浅草にある老舗『どぜう飯田屋』を訪ねます。屋号が指し示す通り、もちろんドジョウが主役だが、ナマズや鰻などの川魚も楽しむことができる。そう、。ここは川魚オールスターズ揃い踏みなお店なのです。浅草らしい、そし • もっと読む »

創業明治25年、四代続く鰻のバトン。@うなぎ藤田 白金台店

2021年11月23日 | からmitomi | No Comments | ファイル: 未分類.

『うなぎ藤田』、世代を超えて鰻と向き合ってきた人達がいる。原点は明治25年、初代は鰻の行商をやっていたそう。二代目の時に養鰻場を初め、三代目の飲食店を作り、四代目がこれを守っている。次の世代にバトンが渡されるたびに、鰻と • もっと読む »

鰻を肴に酒を飲む。@稲毛屋

2021年10月26日 | からmitomi | No Comments | ファイル: 未分類.

創業昭和2年、西日暮里にある鰻店『稲毛屋』へ。 屋号のタグラインに”鰻と地酒”とあるように、鰻を肴にお酒を楽しめる名店でございます。 その代表が鰻串達。肝焼きなどは、タレの風味も香ばしさも飲兵衛仕様になっております。それ • もっと読む »

一度ならず、二度ならず、三度ならず、四度も美味しい鰻@日本橋 伊勢定

2021年8月24日 | からmitomi | No Comments | ファイル: 未分類.

創業1946年、老舗鰻店の『伊勢定』へ。現在、三代目がその暖簾を守ります。初代の出身地である群馬県の伊勢崎、初代のお名前の定を組み合わせて屋号としたそうです。本店を日本橋室町に構え、百貨店を中心に8店舗も展開しております • もっと読む »