「おいしい」を、
すべての人に。

検索

topページ絞り込み結果

今ローカルガストロノミーが面白い。今宵、鎌倉を食う。@鎌倉 北じま

2024年4月22日 | からmitomi | No Comments | ファイル: 未分類.

いま、ローカルガストロノミーが面白い。 どの地域でも独自の歴史や風土を持つものだが、そのストーリーまでも料理の一部として積極的に組み込む試みだ。地産地消もまたその1つだが、更に1つ進んだ考え方と言っていいでしょう。情報ま • もっと読む »

鎌倉名物のしらすを食べるならここ!@お料理 とみやま

2024年4月22日 | からmitomi | No Comments | ファイル: 未分類.

観光地として人気の鎌倉は、海と山に囲まれた豊かな町。そんな鎌倉を代表するグルメといえば「しらす」でしょう。名物だけにこれを食べられる店は多いが、その1つ『お料理とみやま』をご紹介してまいりましょう。 店主は京都や東京の日 • もっと読む »

京懐石の本質。@京懐石 吉泉

2024年4月21日 | からmitomi | No Comments | ファイル: 未分類.

京都の下鴨神社境内に広がる糺の森と寄り添うような料理店『京懐石 吉泉』を訪ねます。 70歳を超えた今も現役で板場に立つ、大将の谷河吉巳氏の話から始めてまいりましょう。15歳から料理の世界に入り、1983年にホテルの一角で • もっと読む »

ミシュラン一つ星の日本料理店で花山椒鍋を!@御幸町 田がわ

2024年4月20日 | からmitomi | No Comments | ファイル: 未分類.

この時期の日本料理店の風物詩といえば、花山椒でしょうか。 日本料理の名店が鎬を削る京都などでは、特にこの食材を使った料理が目立ちます。今回ご紹介する京都の日本料理の名店『御幸町 田がわ』でも例外ではありません。 ただし、 • もっと読む »

いま、一番勢いに乗っている日本料理店!?@富小路 やま岸 麻布台ヒルズ店

2024年4月9日 | からmitomi | No Comments | ファイル: 未分類.

いま、一番勢いに乗っている日本料理店かもしれない。 京都に本店を置く『富小路やま岸』のことである。京都を中心に現在展開するのは8店舗。その中の1つが開業したばかりの麻布台ヒルズに構えた東京分店。いま一番話題のビルに入った • もっと読む »

豪華な御膳、ご馳走様です。@馳走 麹屋

2024年3月23日 | からmitomi | No Comments | ファイル: 未分類.

白金台にある日本料理店『馳走 麹屋』を訪ねます。 プラチナ通りから一本入ったところにある隠れ家的なレストラン。馳走とは、元々走って食事を用意するに由来するおもてなしの言葉。 その言葉通り、毎朝豊洲市場まで海鮮や野菜を買い • もっと読む »

瓢亭名物、朝粥と瓢亭玉子。@瓢亭 別館

2024年3月10日 | からmitomi | No Comments | ファイル: 未分類.

京都の南禅寺門前にある老舗料亭『瓢亭』の別館を訪ねます。 瓢亭は素朴な腰掛け茶屋から始まり、かれこれ約450年前の歴史を刻む老舗中の老舗。ミシュランの三つ星も獲得するなど、京都を、日本を代表する料亭として高い評価を獲得し • もっと読む »

ただただ静かに美味しい。@御料理 光安

2024年3月9日 | からmitomi | No Comments | ファイル: 未分類.

京都にある日本料理店『御料理 光安』を訪ねます。場所は御所南。 築150年という風情ある風情のある京町屋を改装した料理店。中央に厨房を作り、それを挟むように手前と奥の個室が設置されます。独特なレイアウトではございますが、 • もっと読む »

一年に一度の蟹祭り。@かに吉

2024年2月10日 | からmitomi | No Comments | ファイル: 未分類.

一年に一度の蟹祭り、スタート! 会場はもちろん鳥取が誇る『かに吉』でございます。地の利と確かな目利きを最大限に活かした蟹が最大の魅力。透明感のある身質、旨味を構成する水分、新鮮な固体だけが放つ香りなど、全ての蟹の常識をひ • もっと読む »

ゑび秀(えびす)に行けば、恵比寿(えびす)顔@ゑび秀

2024年2月6日 | からmitomi | No Comments | ファイル: 未分類.

一見さんお断り。 京都の花街の文化がまさにだが、京都の料理店においても同様のスタイルを貫く店も少なくない。京都はお金のやり取りが無粋とされ、つけ払いの文化があるのが一番の理由でしょう。信頼関係があってこそなせる技、そりゃ • もっと読む »

得仙の挨拶は、良いお年を。@得仙

2024年2月3日 | からmitomi | No Comments | ファイル: 未分類.

良いお年を。 名古屋にあるあんこう鍋の名店『得仙』の帰りの挨拶はこれだ。まだ2024年も始まったばかりだが、次の予約は常連さんであっても1年後というわけだ。ちなみに、ミトミえもんの前回の訪問は七年前。良いお年をどころでな • もっと読む »

生き様がそのまま料理に。@一本木石橋

2024年1月14日 | からmitomi | No Comments | ファイル: 未分類.

福岡にある日本料理店『一本木石橋』を訪ねます。 どこか京都の雰囲気を感じさせる数寄屋造りの一軒家。店主の石橋氏は、京都の老舗「高台寺 和久傳」で日本料理の基礎を学び、東京の鮨の名店「海味」で江戸前鮨の技術を学んだ本格派。 • もっと読む »

小倉が誇る日本料理の名店@お料理 佐藤

2024年1月12日 | からmitomi | No Comments | ファイル: 未分類.

小倉が誇る日本料理の名店『お料理 佐藤』を訪ねます。 大将の佐藤好美氏が30年以上も暖簾を守り続けます。九州産の食材を中心にコースを作り上げ、シンプルながらアイデアのある料理で構成されます。カウンターの一角には囲炉裏があ • もっと読む »

死ぬほど蟹を食べたい、ここはそんな夢を叶えるお店だ。@こばせ

2023年12月19日 | からmitomi | No Comments | ファイル: 未分類.

今回は福井県越前市にある料理旅館の『こばせ』のお話。 全国には多くの蟹料理専門店が存在するが、これほど蟹を堪能させてくれるお店を他に知らない。その噂は入り口ですぐに確信に変わることでしょう。入り口のところにある巨大な生簀 • もっと読む »

富山の名店、あの山崎が東京にやってきた。@日本料理 山崎 東京京橋店

2023年12月14日 | からmitomi | No Comments | ファイル: 未分類.

2023年8月、ミシュランガイドの北陸版にて唯一の三ツ星を獲得した名店『日本料理 山崎』が東京に移転。輝かしい実績を持つ富山の店舗を閉じての挑戦に、並々ならぬ覚悟が伝わってまいります。それは、大将一人ではなく全てのスタッ • もっと読む »

焼酎の國の伝道師。@國酒 松

2023年12月4日 | からmitomi | No Comments | ファイル: 未分類.

宮崎は焼酎の国。10年もの期間、ずっと出荷量日本一を誇ります。 そんな宮崎にはその魅力を伝える、伝道師がいる。宮崎の隠れ家的なグルメスポットとして注目されるウラタチエリアにある『國酒 松』のご主人、小松山龍辰氏でございま • もっと読む »