「おいしい」を、
すべての人に。

検索

topページ絞り込み結果

日本料理の晴山、新しい名物誕生の予感。@日本料理 晴山

2022年8月19日 | からmitomi | No Comments | ファイル: 未分類.

三田の名店『日本料理 晴山』、ここには季節ごとの名物がある。 この時期はこれ、「鮑うどん」だ。鮑の肝でうどんをコーティング、稲庭うどんの持つコシが肝や雲丹を楽しむ時間を与えてくれます。約4年ぶりに食しましたが、全く色褪せ • もっと読む »

名力士を輩出し続ける佐渡ケ嶽部屋のちゃんこ鍋。@ちゃんこ 黒潮

2022年7月11日 | からmitomi | No Comments | ファイル: 未分類.

「ちゃんこ」といえば両国が定番だが、神楽坂でも楽しむことができる。 名前は『ちゃんこ黒潮』、ご主人の力士時代の四股名である琴黒潮が由来だ。場所は毘沙門天様の裏手あたりに位置しております。入り口からちゃんこ感が満載で、立派 • もっと読む »

愚直に美味しいを追求し続ける。@愚直に

2022年6月9日 | からmitomi | No Comments | ファイル: 未分類.

ご存知、ミシュランの三つ星に輝き続ける名店「神楽坂石かわ」 それだけでも凄すぎるが、もっと凄いのは弟子達の活躍だ。同じく三つ星の「虎白」を始め、銀座の「蓮三四七」や鮨の「波濤」など、グループを構成する全ての店が注目を集め • もっと読む »

伊豆の恵みをコースで堪能。@伊豆の旬 やんも 丸の内店

2022年6月6日 | からmitomi | No Comments | ファイル: 未分類.

新東京ビルの地下にある『伊豆の旬やんも』の丸ノ内店を訪ねます。 ”やんも”とは伊豆に自生する山桃のこと。そう、ここは伊豆の食材を堪能できる日本料理店。ランチどきには備長炭でふっくら焼き上げた焼魚定食が人気。もちろん、伊豆 • もっと読む »

吉兆ブランドの1つ、東京吉兆。@東京 吉兆 帝国ホテル店

2022年5月30日 | からmitomi | No Comments | ファイル: 未分類.

吉兆、有名すぎる日本料理ブランド。 ミシュランの三つ星を獲得する京都の嵐山吉兆が最も有名だろうが、実は吉兆は1つではない。創業の湯木貞一氏は、日本料理界の地位向上を担ったレジェンド的存在。その息子や娘婿たちに暖簾分けの形 • もっと読む »

西麻布の名店、渋谷で復活。@末冨

2022年5月28日 | からmitomi | No Comments | ファイル: 未分類.

2018年3月、惜しまれつつも閉店した『霞町すゑとみ』。人気絶頂の中で、その場所を弟子に譲ったことに食通達が驚き悲しんだものです。その西麻布の名店が名前をご自身の名前『末富』に変えて、渋谷で復活を遂げております。まずは馴 • もっと読む »

銀座奥田は名店の登竜門!?@銀座 奥田

2022年5月26日 | からmitomi | No Comments | ファイル: 未分類.

銀座並木通りにある日本料理店『銀座 奥田』へ。 主宰するのは日本を代表する料理人の一人である奥田透氏。ただし、奥田大将は同じビルにある「小十」にて腕を振る舞っており、銀座奥田はセカンドブランドあたるお店でございます。ただ • もっと読む »

鯛茶漬けの名店!!@銀座 あさみ

2022年5月9日 | からmitomi | No Comments | ファイル: 未分類.

銀座八丁目、蓬莱橋の交差点近くに「鯛茶漬け」の名店がある。 正式には懐石料理の名店だったりするのだが、ランチの鯛茶漬けが殊更人気がございます。店の名前は『銀座あさみ』、あの京味で腕を磨いたという本格派。そして、同じく鯛茶 • もっと読む »

居心地のいい小料理店。@天現寺小野

2022年5月1日 | からmitomi | No Comments | ファイル: 未分類.

天現寺の交差点近くにある、隠れ家的な和食店『天現寺小野』へ。 古民家風な雰囲気で迎えてくれる和食店は朱のカウンターが印象的。なんだか家に帰ってきたような居心地の良さがあり、特に堀ごたつの個室ならくつろいだ空間でディナーを • もっと読む »

1万円前後で美味しい店を教えて欲しい、、、@すずきの

2022年4月10日 | からmitomi | No Comments | ファイル: 未分類.

1万円前後で美味しい店を教えて欲しい、、、 寿司や日本料理においてこの質問が一番多く、そして難しい。厳密にいえば、1万円前後でコース料理を提供するのはなかなか難しい。素材のコスト、特に魚の値段がどんどん上がっているのだ。 • もっと読む »