「おいしい」を、
すべての人に。

検索

topページ絞り込み結果

名物は、元祖博多もつニラうどん。@博多うどん酒場 官兵衛 大門店

2023年12月31日 | からmitomi | No Comments | ファイル: 未分類.

大門にある『博多うどん酒場 官兵衛』を訪ねます。 文字通り、夜は博多由来の料理を中心とした居酒屋だが、ランチの時間帯ではうどんが主役。今回は、メニューの一番上を陣取る「元祖博多もつニラうどん」をいただきます。 福岡発祥の • もっと読む »

天晴れ、秋冬の晴山。@日本料理 晴山

2023年11月14日 | からmitomi | No Comments | ファイル: 未分類.

暖冬の様子を示していた2023年ですが、立冬を超えて寒さが染みるようになってまいりました。同じく、日本料理の名店である『晴山』にも冬の匂い。 食材には、河豚や蟹が登場し、特に解禁した松葉蟹を使った名物のカニクリームコロッ • もっと読む »

鰻と鶏で呑む。@鳥駒

2023年9月11日 | からmitomi | No Comments | ファイル: 未分類.

三田慶應仲通り商店街にある老舗居酒屋『鳥駒』へ。創業は1963年。 屋号のタグラインにあるように、鰻と焼鳥で呑む居酒屋である。名物「若鳥の丸焼」は迫力満点なボリュームで、皮がパリパリとな仕上げ。 ちなみに、写真は丸焼きの • もっと読む »

名物は、濃厚さばみそ煮付け。@こかげ

2023年9月1日 | からmitomi | No Comments | ファイル: 未分類.

大門の路地裏にある『こかげ』でランチ。 煮干しそばで有名なラーメン店「いづる」のお隣にございます。メニューは魚定食が中心ですが、その中で名物とされるのが「さばみそ煮付け」。 八丁味噌のような濃厚でコクのある味噌がベースに • もっと読む »

寿司に新しさを吹き込む。@鮨 浩也

2023年7月22日 | からmitomi | No Comments | ファイル: 未分類.

2020年創業、大門にある寿司店『鮨 浩也』へ。 30代前半という年齢からか、他業種の修行経験からか、料理にもお酒にも個性的なアプローチが多いのが特徴だ。バブルな寿司業界にあって、工夫を凝らして値段を抑えるという意欲も非 • もっと読む »

昼はラーメン、夜はもつ焼き。@ZOOT

2023年7月19日 | からmitomi | No Comments | ファイル: 未分類.

昼はラーメン、夜はもつ焼き。 大門で二毛作営業を営む『ZOOT (ズート)』を訪ねます。夜は大衆居酒屋の雰囲気で活気に溢れ、芝浦市場直送のつぶしたての新鮮なもつ焼きが魅力の店でございます。全串100円という金額も大きな魅 • もっと読む »

普通であることの正義。それこそがオーベルジーヌ。@欧風カレー オーベルジーヌ 三田店

2023年6月18日 | からmitomi | No Comments | ファイル: 未分類.

刷り込み、それは雛が生まれて初めて見た物を親だと思う習性のこと。 ミトミえもんにとって、ある種『オーベルジーヌ』のカレーがそうだ。厳密に言えば、宅配カレーに限るのだが、いつもそこにオーベルジーヌがありました。かつて所属し • もっと読む »

いっぺこっぺの新作。ササミカツカレー!@とんかつ檍のカレー屋 いっぺこっぺ 芝大門店

2023年5月30日 | からmitomi | No Comments | ファイル: 未分類.

『とんかつ檍のカレー屋 いっぺこっぺ』の芝大門店へ。 屋号の通り、「とんかつ 檍」のセカンドブランド的なカレー屋さんでございます。”いっぺこっぺ”には鹿児島弁で、”あちこちいっぱい”なんて意味がありますが、正にあちこちい • もっと読む »

創業200年の老舗寿司。シャリの甘さが一周回って新しい。@すし処 宮葉

2023年5月7日 | からmitomi | No Comments | ファイル: 未分類.

登場したのは文化・文政時代、創業200年を超える老舗寿司店『すし処 宮葉』へ。江戸時代から続くという、まさに江戸前の寿司店でございます。宮葉の暖簾を掲げるようになったのは8代目の宮葉幹男氏のとき。残念ながら2015年に大 • もっと読む »